月別アーカイブ: 2016年9月

納豆だって最初皿に含まれるので賢く活用

今まで自炊の際はとにかく自分の食べたい存在、旨いものだけを考えていたので身体ポイント、栄養面はあんまり考えたこともなく勉学もしてこなかったので自分では保全しきれないとあきらめていました。

但し、ふと栄養士のインストラクターという話をする機会があり自宅でもらえる簡単な栄養素保全の手段を教えていただいたので今ではそれをもとに身体に対して練るようになりました。

とにかく毎日口にするものは大きく分けて3つの栄養分に分けられ活力になる存在、人体を始める存在、体調を取り付けるものとなります。

これらをバランスよく取り去ることが健康には欠かせないのですが、それをロットフードから考えるのは思い切り大変で勉学しなくてはいけません。
そこで教えてもらったのはお皿の種類でこういう3様々の栄養分を分かれることができるというものです。

とりわけ主食ですめしやパンは活力になるものにあてはまりこれは毎食1皿が理想です。
次にメインの惣菜の魚・肉・卵炊事などは活力になるものでこれも毎食1皿が好ましいだ。

最後に副菜が体調を備え付けるものになるのですがこれは毎食2皿を目標にしていくとバランスのいい食べ物を取ることができるそうです。

そうやってお皿で分けてもらうと作っていても作りやすいですし、どんなに今まで自分が偏っていたのかがとことんわかりました。

主食や主菜はたえず作っていますが副菜はとても毎食2皿は辛く、創意が必要ですが忙しいときは出来合いのものを醸し出したり納豆だってゼロ皿に含まれるので賢く活用しています。
そうして最近は作り置きも仕立てるようになったので、こういう理想の食べ物配分をやっとクリアできるともなりました。

今までは初心からあきらめていましたが、こうやって自分でももらえる手段を知ったことによって食べ物からもらえる身体法を自分でも企てるようになり最近は一つ一つのフードが持つ栄養分も少しずつ勉強するようになりました。

ますます食べ物の配分を意識するようになってから体調を壊すことも無くなり便秘に悩むことも少なくなりました。
自分が思っている以上に食べ物は大事なんだなと再び実感できるきっかけになり意外と良かったと思います

これからも人体にいい食事を作れるように、教えていただいたことを活かして健康な食べ物作りを続けていきたいと思います。ラシックス